ココが知りたい!在宅ワーク
HOME LINK SITEMAP

Home > 自宅で働こう > アフィリエイト

アフィリエイト

在宅ワークとは若干違うカテゴリになりますが、アフィリエイトも自宅で収入を得る1つの手段となっています。多くは会社勤めをしながら副収入を得るためにアフィリエイトを行っていますが、中にはセミリタイアをして、アフィリエイトの収入だけで生活している人もいます。不労収入に分類されますので、在宅ワークとはちょっと違うかもしれませんね。現実は、セミリタイアできるほど稼げる人は、ほんの一握りになります。

アフィリエイトって?

アフィリエイトは、アフィリエイト・プログラムの略で、成功報酬広告のことを言います。インターネット上における広告形態で、ウェブサイト設置された広告から商品やサービスを購入し、発生した利益に応じて広告媒体に成功報酬が支払われるものを指します。

ASP

ASPとは、クライアントがアフィリエイト・プログラムを提供する広告企業のことで、正式には『アフィリエイト・サービス・プロバイダ』と言います。

掲載している広告には、どこに掲載されている広告か特定できる識別子がリンクの中に仕組まれていて、広告リンクをクリックすると、その識別子がASPに記録されます。そこから実際に売り上げが発生した場合、広告を掲載している側に成功報酬が支払われるシステムです。ASPも大小様々な企業が存在し、広告を掲載したい側はASP企業と契約し、バナー広告やブログパーツなどを設置します。

アフィリエイトの実態

『簡単にお小遣いが稼げる!』
『あなたもビジネスパートナーになりませんか?』

などと謳い、会員を募っているASPは数多くあります。実際、ホームページに広告を設置して収入になっているのでしょうか。そのほとんどが月収1,000〜5,000円以下の収入にしかならないようです。3万円以上となるとアフィリエイター全体の2%以下にしか過ぎません。

広告を掲載しているホームページへのアクセス数も重要になりますし、アクセス数があっても、訪問者にバナー広告がアフィリエイトだと認識されていて、非常にクリック率が低い状態にあるのが現実です。広告をクリックしてもらうには、自分の運営しているサイトとかけ離れたカテゴリの広告だと、訪問者にも興味をそそられませんしクリックしてみようという気にもならないでしょう。サイトとマッチしている広告でなければいけないというのが重要なところなのです。例えば、ペットの情報を掲載しているホームページには、ペット関連グッズのアフィリエイトを設置するなどの工夫が必要なのです。

しかし、アフィリエイトが全く収入につながらないのかと言うとそうではなく、ごく一部ですが、アフィリエイトのみで生計を立てている個人や法人がいるのも事実なのです。

メリット・デメリット

アフィリエイトはASPと契約するだけで、費用もかからず、すぐに広告を設置できます。手軽にはじめられるという特徴があります。

メリット

メリットは、やはり手軽にはじめられるというところでしょう。費用のかからないASPがほとんどです。閲覧者が広告から商品を購入するだけではなく、閲覧者自身もASPに申し込んだ場合、紹介料が発生するASPもあるようです。売り上げが発生すると、ホームページの更新や修正、変更なども頻繁に行うようになるので、訪問者を飽きさせないサイト作りもできるようになります。

デメリット

アフィリエイトのASP企業の中には悪質な企業もあり、売り上げが発生しているのに報酬が支払われなかったり、実際に売れていてもキャンセルされたなどの理由をつけて、報酬が支払われない場合があります。

思うように収入につながらなくても、元手がかかっていないと思って割り切るしかないようですが、実際に、個人のアフィリエイターがアフィリエイトで成功し、法人を立ち上げた例もありますので、絶対に儲からないとは言い切れない部分もあるのです。何よりも、普通に労働するのとは違い、成果があげられなければ全く収入にならないのがアフィリエイトの特徴です。

↑このページの上にもどる