ココが知りたい!在宅ワーク
HOME LINK SITEMAP

Home > 自宅で働こう > プログラマー

プログラマー

プログラマーは、コンピューターのプログラムを作成する人のことを言います。プログラマーになるにはプログラミング言語の習得が必須です。C言語、C++言語、Visiual Basicなどで、在宅ワークを行う時にJavaやXML、Perl、phpも理解しているとかなり必要とされるでしょう。プログラマーは、在宅ワークと言うよりも、個人事業主のフリーランスとしての方が当てはまるのかもしれませんが、相当のスキルと営業力がなければフリーランスとしてやっていくには難しく、企業と契約をして在宅ワークとして仕事をこなすのが無難かもしれません。

どんな時に必要とされる?

プログラマーは専門的な分野ですので、独学で修得できている人はほとんどいないのではないでしょうか。

そのため、システム設計や開発、ソフトウェアに関わる企業などではプログラマーが大変貴重な存在です。ゲーム機メーカーや各種ソフトウェアの開発、WEB系プログラマーとして、様々な分野で必要とされています。

インターネットで検索しても、WEB系のプログラマーを『業務委託』という形で在宅ワークの求人をかけているIT企業も数多くあり、そのニーズの多さが分かります。

プログラマーの仕事

プログラマーはシステムエンジニア(SE)が作成した設計書をもとに、プログラミング言語を使ってプログラムを作成します。こうして開発したプログラムがコンピューターで正常に稼動するかどうか、何度も繰り返しチェックを行います。その開発するプログラムによって使うプログラム言語が違いますので、その都度違ったスキルが必要になります。中にはシステムエンジニアが設計から製作までを行う場合もあるようですが、プログラマーは日々新しい技術に目を向けて修得していく必要があり、システムエンジニアがプログラマーの代わりになることは本来ないことです。プログラマーのおおよその仕事の流れは以下の通りになります。

  • プログラムの作成
  • 詳細設計→コーディング→デバッグ→パッケージング

  • プログラムの導入
  • 配置(デプロイ)→設定(コンフィグ)

  • プログラムの利用
  • プログラムの分析
  • プログラムに関する文書の作成
  • ユーザーマニュアルの作成→プログラム解説書の作成

ただし、プログラマーには様々な職務の分担に関する制度があり、組み込み系の開発、基幹系業務開発、データベース系開発、WEB開発、研究開発などがあり、それぞれ全くと言っていいほど、仕事内容も労働形態も異なります。在宅ワークして働きたいのであれば、求人欄の『プログラマー募集』という文字を見ても、自分の得意としている分野なのか、そうではないのかをきちんと理解したうえで、応募を決めなければいけません。実際やってみたらやりたいことと違う、勉強不足でできない分野だったということのないようにしなければいけません。

プログラマーのデメリット

プログラマーは高度な知識と技術を必要とされるため、会社勤めをしていても、在宅ワークで働いていても、収入は比較的良い方なのですが、プログラマーであるが故のデメリットもあります。

プログラムの仕事は、十分な設計と計画性が必要とされます。

プログラマーがそれらに沿った仕事をしていても、状況が変わって仕様変更がかかったり、不具合が分かったときには、修正のために長時間作業をしなければいけなくなります。これがソフトウェアの不具合の場合、修正作業は休む間もなく取り掛からなければいけないのです。

こうして必然的に仕事時間が長くなりがちな職種でもありますので、収入は多くても、割に合わない場合も多くあります。ですから企業は多くのプログラマーを必要としているのです。

↑このページの上にもどる