ココが知りたい!在宅ワーク
HOME LINK SITEMAP

Home > 自宅で働こう > WEBデザイナー

WEBデザイナー

本格的に仕事としてホームページを作成しているWEBデザイナーもいれば、趣味の範囲を超えられない自称WEBデザイナーまで様々な人がいますが、在宅ワークとしてもその技術を生かすこともできます。

在宅ワークをするときの注意

冒頭からいきなりこんなことを言うのはおかしいのかもしれませんが、せっかくWEBデザイナーとして仕事をしたいと言うスキルがありながら、悪徳業者に引っかかってしまってはどうしようもありません。

在宅のWEBデザイナーを募集している企業は数多くありますが、中には詐欺を行っている業者もいますので、注意が必要です。

在宅でWEBデザイナーをするためには、独自の教育プランを受けなければいけない。そのためには受講料が必要、WEBデザイナーの仕事をするためには、独自の教材が必要で、ソフトウェアなどを買い取らなければいけないなど、こう言ったケースは教材を売りつけたり、受講料を詐取するのが目的で、実際にWEBデザイナーとしての仕事が来ることはありません。また、一度登録してしまうと、セールスの電話がたくさんかかってくるようになってしまいます。

WEBデザイナーに求められるもの

WEBデザイナーに求められるものはオリジナル性です。他人のデザインを真似たり、色やサイズを変えるだけでは絶対にいけません。デザインを作り出すからこそ『デザイナー』であり、人の真似事ではいけないのです。自分の個性と感性を生かしたものを作り出さなければいけません。

仕事内容

1つのホームページをWEBデザイナー一人で作るわけではありません。様々な職種のスタッフがいて、それぞれの担当をこなして1つのホームページが作られていくのです。1つのホームページができあがるまで、WEBディレクター、WEBデザイナー、ライター、コーダー、プログラマーが関わります。WEBデザイナーがWEBディレクターとコーダーを兼ねる場合もあります。

WEBディレクター

基本的に、WEBデザイナーはWEBディレクターの指示のもとでデザインを構築します。ホームページ作成依頼者と打ち合わせをし、企画設計をしてスタッフに指示を出します。言うなれば現場監督です。

WEBデザイナー

WEBディレクターの企画にもとづいて、ホームページのデザインをします。

コーダー

WEBデザイナーが仕上げたデザインのデータをhtmlにします。

プログラマー

ホームページに設置するコンテンツのプログラムを組みます。

ライター

ホームページに掲載するキャッチコピーや文章などを作成します。WEBデザイナーはライターの文章を見て、デザインを作ります。

必要なスキル

WEBデザイナーになるために、専門学校で学んだ人もいますし、独学で頑張った人もいるでしょう。会社勤めでも在宅ワークとしてでも、WEBデザイナーとして収入を得て行くためには、ホームページを作成できるだけではなれるものではありません。趣味の範囲でなら誰でも作ることができるのです。

WEBデザイナーに求められるスキルは、『優れたデザイン力』だけではなく、

『Photoshop』
『Dreamweaver』
『html』
『CSS』
『java script』

のスキルは身につけて使いこなせなければいけません。できれば『Illustrator』『Flash』も使いこなせれば言うことなしでしょう。

努力次第で

WEBデザイナーは、努力次第で在宅ワークでも十分な収入を得られる可能性があります。会社勤めをしていると、平均して30〜60万ほどの月収になりますが、在宅ワークだと、仕事を取って作成し、納品まで一人で行うのが大変なわりには収入が若干少なくなります。自分の努力次第で、腕が認められると仕事も入ってきますし、やりがいのある仕事です。

↑このページの上にもどる