ココが知りたい!在宅ワーク
HOME LINK SITEMAP

Home > 個人事業主になろう > ネットショップを開こう

ネットショップを開こう

在宅ワークとして、個人事業主として、ネットショップを開いてみたいと1度は思ったことがあるでしょう。だけど、何をどうしたらいいのか分からないという人も多いですよね。どうやったらネットショップを開くことができるのでしょうか。誰もが1度はインターネットを使って買い物をしたことがあるのではないでしょうか。自分もネット上でお店が持てれば……そう思いますよね。

開店準備

インターネットを通じて販売したいものがあれば、ネットショップを開店してみませんか?個人事業主として、すでに事業を展開していて、その商品をインターネットで販売するのもいいでしょう。趣味で愛犬の洋服を手作りしていた知人は、犬用のオーダー服のネットショップを開きました。趣味で作っているアクセサリーなどでもかまわないでしょう。まずは開店準備をしなければいけません。

準備するもの

何よりも、なければ困るのが販売する商品です。もし、注文が入ってから作る性質の商品であれば、その材料などがある程度必要になるでしょう。

パソコン

ネットショップを開くのに、パソコンがなければ論外です。受注や発注のお知らせ等でメールも使うので、ネットショップ専用のメールアドレスが必要になります。ウイルス対策ソフトを入れておくのは言うまでもありません。お客様に対して、ウイルスつきのメールを送ってしまうなど論外です。

プリンタ

商品と一緒に入れる伝票のプリントアウトにプリンタが必要です。

デジカメ

ネットショップに掲載する商品などを撮影するデジカメは必須です。画像があるとなしでは売り上げに大きな差が出ます。

これらを準備したら、インターネット上にアップする、お店のホームページが必要になります。店名やキャッチフレーズを考え、注文ページにはショッピングカートを設置しましょう。また、支払い方法、発送方法なども明確にしておかなければいけません。また、独自ドメインも取得しなければいけません。自分で作成できなければ、ドメイン取得、デザイン、作成、商品の撮影、SEO対策までセットにして行ってくれる企業もありますので利用してみましょう。

また、商品代金の入金確認のための口座が必要です。できれば普通銀行のネットバンキングなどではなく、リアルタイムで出入金が確認されるe-BankやJapan net bankなどで口座を開設しておきます。

販売許可が必要な物

ネットショップだからといって、なんでも販売していいわけではありません。

中には販売許可が必要なものもありますので、事前に準備しておかなければいけません。食べ物の場合は、『食品衛生責任者免許』や『食品衛生法に基づく営業許可』が必要なものもありますし、犬や猫の生体を販売する場合、『動物取扱業の届出』が必要です。中古品の場合だと『古物商』の資格が必要なものもあります。取得に時間がかっかたり、手続きが面倒なものもありますので、事前に必要な許可は取得しておきましょう。

開店後

ネットショップ用の準備が整ったら、ホームページをサーバーにアップしましょう。売り上げアップを図るために、楽天やyahooなどと言った大手のネットショップに出展するのが一番手っ取り早いです。更には検索エンジンへも登録しておきましょう。

サイト訪問者から注文が入ったら、迅速丁寧な対応を心がけ、入金が確認でき次第、すぐに発送します。もちろん発送後の連絡も忘れずにしましょう。

売り上げアップのために

売り上げをアップさせるために必要なものは、サイト訪問者の興味をそそるようなサイト構成や、画像の大きさ、分かりやすい商品の説明などの他に、何よりもサイトを見てもらわなければ話になりません。

アクセス解析を利用して、どんな時間に、どのページのレヴューが多いのか、その動きをつかんでおかなければいけません。データ化しておくのもいいでしょう。商品も、いつも同じ画像や同じ内容だと飽きられてしまいますので、頻繁ではなくても、更新する必要があります。

『今月のオススメ!』などと月に1度は更新するようにしましょう。メールマガジンを発行するのもアクセス数を増やす手段です。

せっかく開店したネットショップです。知名度を上げる努力をし、売り上げが伸びるようにしていきましょう。

↑このページの上にもどる