ココが知りたい!在宅ワーク
HOME LINK SITEMAP

Home > Q&A > 在宅ワークQ&A

在宅ワークQ&A

在宅ワークをはじめるにあたり、悪徳業者が反乱している中で、優良業者を探すのは大変なことでしょう。それらのことをふまえて、在宅ワークに関する疑問に答えていきましょう。

在宅ワークやSOHOにはどんなものがありますか?

主なものとしては、データ入力、ワープロ文書作成、メールマガジン製作、DTP製作、web製作、プログラミング、CAD、CG、ライティング、デザイン、企画・マーケティング、ゲームソフト開発、ネットショップ経営などがあります。

どうやって仕事を探せばいいのでしょうか。

ほとんどの人がインターネットを通じてお仕事を探されているようです。『在宅業務斡旋会社』に登録をしてみたり、『在宅ワーカー支援サイト』などの掲示板を見て応募してみたり、実際在宅ワーカーをしている知人の紹介などで仕事を探しているようです。

育児や介護の合間にできるんですよね?

『育児をしながら在宅ワーク』などと謳っている業者がいますが、子供や家の都合で納期が遅れるようであれば、まだ在宅ワークをする時期ではないのではないでしょうか。在宅ワークは考えているほど気楽なものではありません。休日もありませんし、納期を守るために徹夜もありえます。どんな家庭の事情があっても、納期は絶対に守らなければいけないのです。『慣れていませんが頑張ります』という言葉もいけません。仕事を依頼する側からすると、不安が残る一言です。やる気だけを見せ、納期さえ守っていれば発注先も不安になりません。

データ入力の在宅ワークにはどんなスキルが必要ですか?

在宅ワークで一番人気なデータ入力ですが、入力に使うソフトの使い方を把握していなければいけません。表計算ソフトのExcelは使用頻度も高いので、身につけておきましょう。文字数のカウントの仕方なども覚えておいた方がいいでしょう。

どの会社も怪しく思えて応募がためらわれます。

確かに、どの会社が正当で、どの会社が悪徳業者なのかは分かりづらいですね。見分ける目安としては、在宅ワークを始める前にお金がかかるところは要注意です。受講料を払って講習を受けなければいけないもの、高額な登録料が必要なもの、使用するソフトを指定され、高額なソフトや教材を購入させられるものなど、様々です。

また、『育児しながら○万円!』『1ヶ月で○○万円!』などと謳っているところはほとんど間違いなく収入になりません。在宅ワークというよりも、情報販売であることが多く、在宅ワークの仕事依頼が来ることはまずありえません。

騙されているような気がします。契約解除したいのですが…

クーリングオフを適用させましょう。通常のクーリングオフだと期間が8日以内とされていますが、内職商法の場合、20日以内となっています。『研修』や『最初は報酬が振り込まれていたのに、3回目くらいから振り込まれず、連絡が取れない』などというケースだと、クーリングオフの期間も経過してしまう場合が多いので、泣き寝入りする人が多いのも現状です。おかしいと思ったら、内容証明でクーリングオフの連絡をしましょう。

ただし、法人であったり、事業所を構えて仕事をしている個人にはクーリングオフはできません。あくまでも、在宅ワークとして自宅で仕事をしている人に当てはまります。

仕事を受ける時に注意することはありますか?

一番に言えることは『納期を守る』ことです。依頼者が何を求めているのか、分からないことは確認し、自分の判断で仕事を進めないことです。仕上がりのクレームにつながらないためにも、事前にちゃんと確認し、『やってみたけどできなかった』と言うことは絶対ないようにしましょう。無理だと思ったら、断ることもお互いのためです。

↑このページの上にもどる